ビジョンっているの?

【ビジョンメイク】について

みなさんは、会社経営者ですか?

また、その会社の代表者となったときは
どのような状況でもって経営者となりましたか?

例えば、
脱サラ独立して起業?

それとも、先代(お父さん)からの
後継、2代目3代目?

それぞれシチュエーションが違う
かもしれません

ただ、どちらにしても、
・これから俺も遂に「社長」か~~!
・よっしゃー!頑張るぞ~と
・さてと!会社をどのように成長・発展させて
いこうか~!

など、心わくわく、パワー全開だったのではないでしょうか?

その当時のことを思い出してください!

そして、今は・・・・?

独立前や、創業当時に想い描いた事業を
ちゃんとつくれていますか・・・・?

ということなんです。

ここで、日本の起業の現実を見ると

起業したいといって起業する人は年間約20万件
その内起業から1年後の生存率は7割程度です

そして起業から5年後では約4割の生存率で
10年間を生き延びる会社はわずか2.5割
というのが現実なんです。

つまり、日本の企業のうち99.7%は
中小企業であり、この中小が頑張らないと
日本も元気にならないということです。

今回も前置きが長くなってしまいますが

ここのところを認識しているかしていないかで

これからお話しする経営の重要性に気づき・
喚起してほしいのであえて強調しておきます。

ここで、ある2人の社長の例をお話します。

一人目は3代目社長の話で、後継がいなかった
ので父の後をむりくり継いだ!
というAさんの話です。

二人目は独立して社長になった
というBさんの話です

ともに、大学を卒業後普通のサラリーマン経験した会社は

Aさんは、まったく違う業界の会社
Bさんは、今の独立後の会社の同業種

結論から言っちゃうと

Aさんの方が、きちんとマネジメントができて
【ビジョン】達成への意欲がとても強く、
社内やHPにきちんと意思表示し浸透に努力しています。

方やBさんは、業界の専門分野に力を注ぎすぎていて
技術面では素晴らしいものをもっているのですが

現場に命を燃やしていて、
社内の観察から、それこそ逃避している状態
まったくマネジメントができない、やらない。

もうお分かりかとおもいますが

Bさんはその前に、事業スタートから現在に至るまで
肝心な自分の会社のあるべき姿に心あらずで
目の前の「受注至上主義」に走っている状態なんです。

2人ともこれからは、会社を大きくしたいといって
毎年、増収増益を一応目指しています。

Aさんは増収・規模拡大を目指すうえで
経営理念や「ビジョン」が必要であることを
前のサラリーマン経験でもって事前に知っていました。

よって今は、会社に提案制度などを作り
あらゆる改善に取り組んでいます

Bさんは知らずに、技術・専門性が差別化を生めば
業績がそのうち上がっていくはずだと信じて
なんとか頑張っていますが

社内はバラバラで無駄な仕事や“クレーム”が多い傾向です

恐らく前のサラリーマン時代の同僚を見返してやる~
というつまらない動機をもっている感がありかと・・・・

ではここで問題(愚問)ですが、
これから先、2社のどちらの会社の成長スピードが
速いと思いますか?

((((??????)))))

なぜ、中小企業の大半がBさんのように上手くいかないのか?

これは
「事業の中心となる技術・専門的な能力があれば、
会社を経営する能力があると思い込んでいる」

ということなんです!

起業しても上手くいかない原因には、
目には見える
「資金不足」
「人不足人離れ」など
痛い目にあってから慌てて

「どうしよう~」

と立て直す人もいますが、この状態でいると
悪循環が悪循環を呼ぶ経営に陥っていきます!

~これは何人もの社長をみてきましたので~
危機感をもってほしいんです!!!

今の会社の経営課題を自分で解決してもかまわないし、

先人の知恵を借りて取り入れるというやり方の他
いろんな打開策もあるかと思います。

でも、そもそも論として、よく考えてください

その「経営課題」(社長の愚痴)って

社長が、会社をなんのためにどうしていきたいのを前提に
その課題は、本当に弊害となっているものなのか?

その描いた会社になるために
社員にどうなってほしいのかを明確に言葉で言えて
いないんじゃないんですか?

ということなんです。

であれば、「当社も見える化だ~」とは10年早い!

会社に「理念」「ビジョン」を掲げていない会社は
早急に、これから取り掛からないとNGだという話です。

「仕組み」をつくる真意はどこか!

今回のテーマは、会社経営における「仕組み」について

今回は、よく「仕組みづくり」

というけど、その仕組みづくりって、そもそもどういうときに必要だなあ~と考えますか?

ちょっとだけ、私の自宅での体験で感じたお話しを聞いてください。

実は、GWの4日は自宅の庭の除草をしました。
(結構ボウボウでした・・・ので)

性格的に最後まできれいに、草むしりを終えたのですが

なんと今、超腰痛 ><;

で、思ったのが、もういい歳だし、しんどいし

この先を考えて、来年からはもう勘弁!

枕木かレンガを買ってきて草を生えないようにしよう!

と決めました。(笑)

つまり、もうしんどい草むしりはやらず、その代わりに、GWはどこか近場の温泉でもいこうかなと!

何が言いたいかと言うと・・・もうお分かりかと・・・

そうです。

草が生えない(生える面積を小さくする)「仕組み」を作ってしまおう!
当たり前といえば当たり前ですよね。(笑)

でも重要です!

blank flow chart drawn by hand isolated on blackboard

これも、会社の仕組み作りへのヒントです:

「この先、考えて・・・・いつまで続けるか・・・」

の冷静に考える時間を持つ。 このちょっとした時間を持つことです!

例えば:
社長がいちいち現場に降りて、あ~でもないこうでもないと
言わないでNo2にやらせてその報告を待つ! などなど。

この除草作業は、正直嫌いではないのですが、そろそろ肉体的に限界がきたのです。

よく社長がプレイヤーとは、ここのところです。

いつまで、その現場仕事やっていくのですか?

ということです。

といっても、どのようなタイミングで切り替えたらわからないのが本心かもしれません・・・?
実は、このような時って、自分自身、会社経営では、次のことがやりたい!

もっと先へ進展したい!という状態のサインが現れている時なんです。
冷静に考えてみて、今の状態から脱却するための
そのきっかっけ「キー」となっている

「本質」とはなにか?

をじっくりと見極めてみてはどうでしょう。
きっと、明るい光が差しこんでくるかもしれません。
ちなみに、先ほどの自宅の庭の話ですが、その「きっかけ」はというと

この先、子供の独立、母の介護などを考えると現在の場所から、移転しようかなと
【計画】(売却するのだから庭の手入れもはや不要)していることが、

実は心の中にあったのです。

 

というか、毎年、いつも思っていたんです。

決めたら、そく実行ですね!

人間は「忘れる」動物だから!!

これが、毎回々 先伸ばしてしまうのが中小の弱い所です
このように、なんの変哲もない、日常の気づきから、経営のヒントは降りてきます。

 

という訳で

計画は、単に昨年の数字上「~%アップで行こう!」だけで設定するのではなく、会社のビジョンに向けた、その途中の「ゴール」到達を繰り返す「必勝法」を身につけていきたいものです。

来年のGWは、草が生えない庭でBBQをしようと心に決めたのでした。~~

 

 

経営をもっと面白く、楽しく、スマートに!をモットーに

 

たった4つの思考習慣で経営上手になる方法

・裸の王様への思考習慣カ条』

~会社を成長させる喜び楽しみを仕組み化する事業計画をつくりましょう!~

冊子冊子見本

待望の【経営の必携小冊子】無料で差し上げています。

1カ条:ビジョンについての思考習慣 2カ条:財務・会計についての思考習慣 3カ条:販促と組織についての思考習慣 4カ条:意思決定についての思考習慣

プレゼント(無料)配布キャンペーン期間は、9月15日まで

 

小冊子お申し込みフォーム

事業所名[必須]

お名前[必須]

メールアドレス[必須]

電話番号[必須]

送付先住所[必須]

小冊子希望[必須]

今の課題やご質問など

【確認画面は表示されません。上記内容をご確認いただき、送信ボタンを押してください。】

複数冊のご希望の方は上記フォームの「質問欄」に記入下さい。別途申込書にてご案内差し上げます。

事業年度の「ゴール」は?

今回のテーマは、会社経営における「ゴール」(目標達成)について

新年明けましておめでとうございます。

さて、年明け早々に堅苦しい話?ではなく、みなさんは、小さい頃、よく先生や親に「今年の抱負は、なにか?」

ときかれて、その言葉を習字やノートに書いた経験があるのでは?また、最近では「抱負」という言葉も、あまり聞かなくなってきたのは気のせいでしょうか。

あなたの会社では、いつのまにか、何か曖昧な目標を掲げていませんか。

そこで、今回は、その「ゴール」の作り方をとてもシンプルなステップワードでもってご紹介しますので、是非、もう一度、自社の「事業計画」策定において参考にしていただければ幸いです。

Business cinecpt: Businessman is standing near a goal.

  1. 今の社会・経済を読む
  2. 業界・競合の動向を見る
  3. 前期のゴール到達状況を振り返る
  4. 前期のゴールの実績数値を読み解く
  5. その原因と問題点を抽出する
  6. それを踏まえ当期の課題はどこかを見極める
  7. 方向性を定める
  8. ゴールを明確に表現する
  9. そのゴール(達成すべき目標)を数値化する
  10. そのための緻密な行動計画を策定する

 

という訳で

計画は、単に昨年の数字上「~%アップで行こう!」だけで設定するのではなく、会社のビジョンに向けた、その途中の「ゴール」到達を繰り返す「必勝法」を身につけていきたいものです。

 

経営をもっと面白く、楽しく、スマートに!をモットーに

「事業計画」をつくる、上手なやり方と、その上手な活かし方を知ってもらうべく

本年も「事業計画」策定プロジェクト(講座形式もあり)を実施していきます。

もし、あなたも会社で、いままで、「事業計画」の策定を真剣に取り組んでこなかったなあ~という方のためのコンサルティングサービスです。

すなわち、計画をつくり、活かすことこそ経営力UPなのです!

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

習慣っておそろしい?それとも楽しい?

今回のテーマは、会社経営における「習慣」について。

あなたの会社では、何か、こだわっている習慣、他社には言えない差別化の習慣はありますか?

生活習慣では、ご存知、「歯磨き」これは、どんなに遅く・早く起きても、歯磨きしないことはありません。逆にしない日があると、その日のスタートはどうも気持ちがわるいものです。ところが、この習慣を身に付けるのは、容易ではないですよね。私の場合、ほとんど3日坊主です。

また、無意識でぼーっといると、時間は早く過ぎ去るもので、いつかビシッとやらないと。と言い聞かせたりします。

特に、やること・することを以前はノートに書いたり、メモに残していたりしていましたが、中々上手く収集、まとめられずに悩んでいました。

今はToDoアプリなど、いろんな機能を持つものが増えているとおもいます。私は、面倒臭がり屋なので、せいぜい、リマインダーをスマフォにいれて忘れないようにしています。

でも、これは結構いい発見でした。

みなさんは、どんなやり方で、習慣化していますか。これも脳や心理の問題も影響があるようで、最近ではこれらの本も読んだりしてます。(面白いですよ)

という訳で

会社にある「習慣」を身につけて

この度、「事業計画」をつくる習慣!活かす習慣!をもつべく

新たなコンテンツサービスをはじめます。

「事業計画」特化型コンサルティングです。です。

(※ホーム画面またはサービス画面からどうぞ)

ジグソーパズルのように、あなたの会社で、唯一、習慣化がないもの、欠けているものは、それは

「事業計画」策定機能です。

pixta_6614053_S

「計画」をつくり、活かすことこそ、経営力UPです!

今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

 経営をもっと面白く!楽しく!スマートに!!

良書とは、あなたにどのような影響を与えるか?

今回のテーマは、読書の秋!ということで、推薦書籍のご紹介です。

はじめの一歩を踏み出そう」について。(世界文化社/マイケルEガーバー)

この本は、起業して3~5年が経ち、創業テイクオフで上昇を遂げて、シートベルトのサインが消えた(♪ポー~ン~♫)頃、のあなたの会社の状態を飛び立った空港からあなたの会社が目指すその目的地へ行く過程において、現状を再認識する上でも

もう一度じっくり読んでみては!という一冊です。

 

私も何回もこの本を読むたびに、反省点、改良点など様々な箇所に気づきが生まれてくるのを覚えます。

 

というのも、先日、知人(起業後成功を遂げている都内の社長さん)から、

その本、読んでみた感想をきく機会がありました。

またその方の友人が、起業後ベンチャー的に急成長を遂げたのですが、会社の組織をはじめ、基本ルールなどの決まりごとがないために、社員同士が

 

「空中分解」(この表現はまさにテイクオフ後の上昇気流に乗った飛行機のごとく)

となってしまった。との事

 

その後、この本と出会って感銘して、あわてて、即軌道修正、社内、就業規則などを社労士さんと一緒に取り掛かった。

この本で一命を取り留めた、話をきかされたのです。

 

人も、そして「本」も人生についてまわる「ご縁」ということになります。

と、こいうことで、この本は相変わらず、今でも売れ行き上位をしめていますね。

 

是非、興味のある方は手に取ってみてはどうでしょうか。

DSC_0056

中小零細企業の経営者の方々へ、ブックカバーの文言をそれぞれ、敢えて「本当」の副詞をつけて読んでみてください。

・「成功する人たちの本当”の起業術」

・「はじめの一歩を本当に”踏み出そう!」

・「会社に本当に”疑問があるあなたへ」

・「変革の時代_自ら変化する人だけが本当に”生き残る!!」

いかがでしょうか。

メッセージが伝わった方、一度、感想文をお聞かせください。

 

この本の著者マイケルEガーバーの教えを体験、習得する講座があります

↓    ↓    ↓

fine-conception.com/service/model/

 

同じく、この教えをもとにした、経営者向けの書籍がありますのでご参考にどうぞ

 

・「社長が3ヶ月不在でも成長する会社の作り方」

インフォレスト/安東邦彦さん

・「ガーバー流仕組み経営」

中経出版/堀越吉太郎さん

など

 

 

経営をもっと面白く!楽しく!スマートに!!

顧客満足を考える(飲食店編)

今回のテーマは、飲食店の「顧客満足」について。

あなたにとって、飲食店での質の良いサービス、満足度はどういうところをいいますか?

私は旅行が好きで、時間とお金があれば、なるべく海外に出かけたいと思っていますが、中でも、ハワイ・グアムなどのリゾート地へ行って羽を伸ばすのがいいですよね。

アメリカ旅行では、現地の商慣行に時々戸惑うことがあります。

 

それは「チップ」です。

コラム仕様図14

今はご存知のとおり、ハワイなどの日本人観光客の多いところは、既にサービスチャージとして、代金に含まれている所がありますが、

少し前までは、それがなく、不慣れな私たち日本人は、時に文句や、いやな顔をされたりして、せっかくの旅行が気分を悪くした経験など、皆さんはないでしょうか?

日本にその習慣がないからしかたがないかもしれません。

 

チップといっても、ベッドメイクなど、予め決まったマスト的なものではなく

ホテルのレストランなどで食事の時に、ウェイターやウェイトレスに対して、よくお世話してもらって感謝の意を表す時をイメージしてみて下さい。

 

食事のオーダーから会計まで大概その係りが一貫してお世話をしてくれますね。

では、あなたは、食後に、チップを手渡しするとしたら、食事が美味しかった他に、何が決め手となってチップを渡しますか?

 

実は、これこそが、「顧客への満足」の“ 瞬間 ”と言えますよね。

 

私は、飲食店でのチップを上げたい時は、こういう時です。

・気配り、心配りができ、また絶妙なタイミングでケアしてくれる

・迅速な対応で、礼儀正しい作法

・頼みやすさ、特に屈託のない「笑顔」で接してくれる

人の価値観にもより、それぞれですが、「何」、「どこ」が基準なのかを一度リストアップしてみては?。

 

ここで、王道な顧客満足度を決めるためのチェックする項目を紹介します。

 

・信頼性      正確さ、間違えないこと

・迅速性      待たせない、タイムリー

・的確性      サービスへの知識、技能が十分

・アクセス    頼みやすさ、いつでも連絡可能

・態度        礼儀、気配り、感じの良さ

・コミュニケーション   顧客の言い分をきく、分かりやすい説明

・信用度      担当者(事務が丁寧である)、会社の存在そのものが信用

・安全性      財産的安全性、秘密保持性

・理解度      顧客のニーズを理解している、訴求ポイントを掴んでいる

・意外性      期待以上の唯一無二のものをもっている

 

また、同じように、会社の事業も、このようなサービスの条件を掲げて社員教育、社員へのトレーニングをどのように行っていますか?

 

つまり、あなたの事業における良い仕組みやノウハウを、今の「顧客満足」・「サービス」へのテーマでもって、さっそく、事業(改善)計画に盛り込んでみてはいかがですか。

 

経営をもっと楽しく!カッコ良く!スマートに!!

飲食店・美容・サロンなどのスモールビジネス経営に必要な「数値化」のすすめ

今回のテーマの「数値化」とは、自分のお店にある、「値段」「人数」「品数」「席数」
などの直接売上に結びつく目に見えるもの以外に、間接的に経営のヒントや
気づきになるものを「数字」にして考えてみませんか?!

私たちがよく行くお店の中を想像したときに、あなたは、
上記以外の「数値化」を次の一打ち手として考案できるはずです。

例えば;
①テーブル:
テーブルの数は客数にほぼ比例するとして、喫茶店などで
見かけるように、効率の悪い配置になっていないか。
☛・4人掛け用に1人使用時間のロスタイムの「数値化」

テーブルの面積は、面積の割に置かれたディッシュの大きさが
邪魔くさくなく余裕スペースでもってゆっくり食事ができているか
☛・2人(例えばカップル)用のテーブルには何品のお皿が置けるか、
オーダーへの心配りの「数値化」

②メニューポップ:
興味引くキャッチコピーで書いても、字が小さい、
貼る場所が悪くて見る人が少ない(貼っても効果がない)
☛・各席から目に入ったメニューポップを見て注文したお客さんのポップ注文の「数値化」コラム使用図9

③トイレ・喫煙など:
トイレが清潔か?ペーパータオルの在庫を確認しているか?水が飛び散っていないか?
禁煙者への配慮、施設工夫が必要とすべきかのオーナーの
お客様へのおもてなしがこめられているか
☛・衛生クレームを未然防止する気配り目配りの「数値化」

これらの例を参考に、顧客目線、意見、アンケートなど様々なシーンを思い浮かべて、
あなたの店の独自の「数値設定」をしてみましょう。
日々の顧客満足を追求する姿勢が向上への進化であるはずです!

意外と身近にある「経営へのアイディア」(ゴルフ編)

今回のテーマ「経営へのアイディア」は、皆さんの好きな“ゴルフ”についてです。

ゴルフが素人の私がこんなことをいうのもおこがましいですが、スコアメイクの考え方を
「経営計画」に置き換えてみましょう。


ドライバー:

ティーグラウンドに立って、どこに飛ばそう(落とそう)か?
ヘアウエイ真ん中、ピンの狙いやすい場所などを決めます。

☛「事業計画の策定において中間値、最終ゴール、目標を設定」

 

アイアン

ピンに向かって距離を測ります、風を読みます、あるいは、ドライバーで
ミスった場所からのリカバリーなどバンテを決めます。

「中間決算(予算対比)を分析、予算修正、行動計画の追加など」

 

ピッチング(サンド)ウェッジ:

本来②でパーオンすればOKたが、ここはアマチュアの経験上、グリーン周りの
「寄せワン」狙いということで、ホームランしないように注意、パターが楽な
位置へと狙います。

☛「決算対策(節税)、賞与支給など」

 

パター:

慎重になります。(特にオリンピック;メダル争いをしていればより一層、目つきが変わりますね)
傾斜、距離、ライン、速さなどを読みます。(読めないときは勘も頼りです)

「着地点である当期利益の把握と決算申告、配当」

 

移動:

スコアーをパーティー同士で数を言い合います。(次のホールへ気持ちを切り替えて歩きます)

☛「次年度計画作成、人事採用(考課)など」

 

実は、経営も人生もゴルフの上達法に置き換えられます。
前回より上手くなった!は正に「成長」の証! また終了後のビールも格別ですね!

以上、まとめると、ゴルフのスコアは様々なものに影響がでます;

天候    〃 (経営に例えると)  =景気
ライバル  〃 (経営に例えると)  =競合
クラブ   〃 (経営に例えると)  =商品(販促)
メンタル  〃 (経営に例えると)  =理念
コース攻略 〃 (経営に例えると)  =計画
スコア   〃 (経営に例えると)  =利益

このような環境の中で、あなた(社長)の専属”キャディ”こそが弊社のサービスになります。

ハーフ50を切りたい、もっと上手くなりたい!経営の”シングルプレーヤー”を目指したい方!

一緒にグリーンジャケットを着ませんか!!

経営計画の目標

「定性要因のすすめ」“冷静に自社を評価してみる”

今回のテーマである「定性要因」は、外部から内部から、自社の社会にとっての位置づけ
「会社」すなわち=「社会」すなわち「会社」)ポジションを認識する、経営者にとって
今後において重要な「自社診断」といってもいいでしょう。
特にこの評価の基準内容を知り、ことば・文章化することで、何らかの気づき、
経営の課題解決方法が見えてくるはずです。
最初は主観が入ってもいいでしょう。先ずはやってみること。

①市場動向:現在の日本経済、世界経済はどのような動きになっているのかを確認
     (人にあって聞いてみる、ニュース等で最近の情報をキャッチ)する
②景気感応:景気に左右されてしまうのかを業界全体を改めて認識する
③市場規模:マーケットの動向と業界規模との関係、比率を確認してマクロ的要因を調べる
④競争状態:上記と同様に競争原理とそのソリューション等の事例をみていく
⑤事業の経歴:何年選手か?そしてその間で、手に入れた失敗や勝つための戦略を上手く
       活かして、継続発展のための施策・要領を確認する
⑥経営者:経営方針は、社長自ら述べるのはおかしいので、外部の経営コンサルタント、
     税理士などにきく。
⑦株主:昔と現在では何か変化がおきていないか、コミュニケーションも必要
⑧従業員:経営理念に浸透されているか、上司目線でなくお客様目線で働いているか、組織的に問題はないか
⑨営業基盤:圧倒的に存在するか、その威力はどのぐらいか、経営戦略と戦闘力が一緒に機動しているか
⑩シェア:状況を確認するための競合分析資料は偏りなく用意されているか
⑪競争力・機動力は、他社と違う差別化するものをもっているか

以上、ざっと簡潔に思考ポイント、判断基準の考え方を列記しましたが、自社独自の
経営方針による、さらに掘り下げたコンテンツや内規でもって確認してみることを
お勧めします。必ず、新しい発見があり、「時」はそこに留まらず、諸行は無常で
あることを再認識するでしょう。
そう、次世代は正に“イノベーション”なのです!

 

定性要因

 

                ※図は「定性要因」の4象限カスタマイズ法の一部です