「仕組み」をつくる真意はどこか!

今回のテーマは、会社経営における「仕組み」について

今回は、よく「仕組みづくり」

というけど、その仕組みづくりって、そもそもどういうときに必要だなあ~と考えますか?

ちょっとだけ、私の自宅での体験で感じたお話しを聞いてください。

実は、GWの4日は自宅の庭の除草をしました。
(結構ボウボウでした・・・ので)

性格的に最後まできれいに、草むしりを終えたのですが

なんと今、超腰痛 ><;

で、思ったのが、もういい歳だし、しんどいし

この先を考えて、来年からはもう勘弁!

枕木かレンガを買ってきて草を生えないようにしよう!

と決めました。(笑)

つまり、もうしんどい草むしりはやらず、その代わりに、GWはどこか近場の温泉でもいこうかなと!

何が言いたいかと言うと・・・もうお分かりかと・・・

そうです。

草が生えない(生える面積を小さくする)「仕組み」を作ってしまおう!
当たり前といえば当たり前ですよね。(笑)

でも重要です!

blank flow chart drawn by hand isolated on blackboard

これも、会社の仕組み作りへのヒントです:

「この先、考えて・・・・いつまで続けるか・・・」

の冷静に考える時間を持つ。 このちょっとした時間を持つことです!

例えば:
社長がいちいち現場に降りて、あ~でもないこうでもないと
言わないでNo2にやらせてその報告を待つ! などなど。

この除草作業は、正直嫌いではないのですが、そろそろ肉体的に限界がきたのです。

よく社長がプレイヤーとは、ここのところです。

いつまで、その現場仕事やっていくのですか?

ということです。

といっても、どのようなタイミングで切り替えたらわからないのが本心かもしれません・・・?
実は、このような時って、自分自身、会社経営では、次のことがやりたい!

もっと先へ進展したい!という状態のサインが現れている時なんです。
冷静に考えてみて、今の状態から脱却するための
そのきっかっけ「キー」となっている

「本質」とはなにか?

をじっくりと見極めてみてはどうでしょう。
きっと、明るい光が差しこんでくるかもしれません。
ちなみに、先ほどの自宅の庭の話ですが、その「きっかけ」はというと

この先、子供の独立、母の介護などを考えると現在の場所から、移転しようかなと
【計画】(売却するのだから庭の手入れもはや不要)していることが、

実は心の中にあったのです。

 

というか、毎年、いつも思っていたんです。

決めたら、そく実行ですね!

人間は「忘れる」動物だから!!

これが、毎回々 先伸ばしてしまうのが中小の弱い所です
このように、なんの変哲もない、日常の気づきから、経営のヒントは降りてきます。

 

という訳で

計画は、単に昨年の数字上「~%アップで行こう!」だけで設定するのではなく、会社のビジョンに向けた、その途中の「ゴール」到達を繰り返す「必勝法」を身につけていきたいものです。

来年のGWは、草が生えない庭でBBQをしようと心に決めたのでした。~~

 

 

経営をもっと面白く、楽しく、スマートに!をモットーに