「収益構造を改善する経営者の知恵袋」(会計編) “決算書を読む”

今回のテーマである「決算書を読む」は、会社経営にとって物凄く重要だということです。

なにもかも専門家依存とせず、自らこの「会計力」を日頃ステップアップしていってほしい!のが、私の意向ですので少しお話していきたいと思います。

会社の財務諸表である「決算書」が毎期(毎月)の業績結果として現れることは、無論ご存知でしょう。企業は倒産や解散を前提としないため、永久的に活動を続けていきます。このため、企業活動の成果を把握するためには、期間を一定に区切る必要があり、今日の会計制度では、この期間を1年としてBSやPLといった決算書を作成して、企業の財政・成績を把握することになるのです。

 

では、その業績結果をどのように吟味、分析して次の利益計画への改善的施策を考えるということを、恒常的、習慣的に経営者が“真剣”に“本気”で取り組んでいるかというと、ほとんどの中小企業がそれをしているとは言い切れないのが現状です。

経理の仕事は、業務に発生した過去の一連の取引を一定のルールに基づいて数値に置き換える作業です。つまり経理業務は定型的なものであり、10人の人がいれば、10人とも同じ答えがでるように、様々な規定が設けられており、個人的裁量をできるだけ排除する仕組みになっています。

ところが、この「決算書」の見方、分析次第では、利益計画などの次の「打ち手」を考える際に、もし側に10人の経営感覚を身に付けた人が、いたとしたら10人とも同じ方向性の考えを提示してくるでしょうか。

答えはNOです。

 

ご存知の通り財務諸表はいろんな項目、形式の数字が出ていて、その読解力によっては、初心者には難題となるでしょうし、上級者にとっても実は難題でもあるのです。

なぜならば、この数値の資料からは、様々な角度から焦点をあてることによって企業の現在の経営課題、問題点を全て、把握しなくてはなりません。

この時点で10人(人も十人十色)が全て同等の見解を導いてくるのは、先ず無理でしょう。つまり、絶対に次の打つ手は「こうです」と言い切れない場合があるのです。

経営の課題を改善・解決するための方策を提示すには、それなりの実務経験(成功体験)と成果の出る知恵(ノウハウ)、優先順位の決定力、場合によっては、直感的なものも加わってきます。

こんな時こそ今一度、理解していただきたいのが「会計力」なのです。

現在では、この会計数値から、経営の課題を分析する手法(参考図書)も多々ありますので、「図」(ちょっと詳しい会計情報の利用者を企業外部と内部者に分けた用途別の比較表)を参照して下さい。

会計情報

 

弊社コンサルティングでは、特に「管理会計」を用いての経営者様へお手伝いをしています。

この*管理会計にマーケティングのノウハウを取り入れた「4象限カスタマイズ法」で分析(図にある代表的な分析手法も使い)をしていくものになります、また経営者の皆様に「会計」を基礎から習得していただくために、自社の決算数字に基づいた事例でもって丁寧に解説していくのが一番の近道としているのが私の考え方です。

 

今回は、会社の経営感覚を磨くために欠かせない、「会計力」がその分析次第では、会社が向かう方向が変わってしまう程、重要な「羅針盤」のような役目であるというお話をしました。

 

*「管理会計」は次回コラムにてお話していきます。