「収益構造を改善する経営者の知恵袋」(会計編) “管理会計”

今回のテーマである「管理会計」は、以前の会計事務所での経営助言をもとに、
わたしはこの管理会計で使用される「変動損益計算書」の考え方と使用を提唱しています。

というのは、この管理会計は、経営の意思決定のための会計といわれます。
皆様おなじみの決算書や納税を目的としている「財務会計」に対して、
「管理会計」は正しい経営判断並びに意思決定に導く重要なツールなのです。

その範囲には、「損益分岐点分析」「投資設備の判断」「在庫管理」「資金管理」
「利益計画」などのさまざまな分析を行い、経営改善への“ドアウェイ”を
見つけることができます。

当社の、経営者様への重要なサポートツールとして、まずこの概念を知ってもらい、
「利益」への執着をいだいていただきます。

その結果、行き着くところは、コスト削減はもちろんですが、やはり「売上」
どうやって伸ばしいくかとう究極のビジネスモデルに辿り着くはずです。


特に
「損益分岐点」を分析とした、さまざまな会社の特徴が下記のように見て取れます。
そして、会社の収益構造を改革するための最良の分析思考が身につきます。

①「経営計画」を策定することがいかに重要で大切かが分かる
②「利益目標」、「予算対比」、「コスト」、「部門などの業績度合い」の管理面が強化できる
③「資金繰り」、「キャッシュフロー」、「収支管理」の現金管理ができる
④事業の「効率」・「生産」・「成長」性などの経営指標と一緒に理解できる
⑤全社が「採算する数字」としての意識の改革を内部に設置することができる

 

「収益構造を改善する経営者の知恵袋」(会計編) “管理会計”

「収益構造を改善する経営者の知恵袋」(会計編) “管理会計”