「定性要因のすすめ」“冷静に自社を評価してみる”

今回のテーマである「定性要因」は、外部から内部から、自社の社会にとっての位置づけ
「会社」すなわち=「社会」すなわち「会社」)ポジションを認識する、経営者にとって
今後において重要な「自社診断」といってもいいでしょう。
特にこの評価の基準内容を知り、ことば・文章化することで、何らかの気づき、
経営の課題解決方法が見えてくるはずです。
最初は主観が入ってもいいでしょう。先ずはやってみること。

①市場動向:現在の日本経済、世界経済はどのような動きになっているのかを確認
     (人にあって聞いてみる、ニュース等で最近の情報をキャッチ)する
②景気感応:景気に左右されてしまうのかを業界全体を改めて認識する
③市場規模:マーケットの動向と業界規模との関係、比率を確認してマクロ的要因を調べる
④競争状態:上記と同様に競争原理とそのソリューション等の事例をみていく
⑤事業の経歴:何年選手か?そしてその間で、手に入れた失敗や勝つための戦略を上手く
       活かして、継続発展のための施策・要領を確認する
⑥経営者:経営方針は、社長自ら述べるのはおかしいので、外部の経営コンサルタント、
     税理士などにきく。
⑦株主:昔と現在では何か変化がおきていないか、コミュニケーションも必要
⑧従業員:経営理念に浸透されているか、上司目線でなくお客様目線で働いているか、組織的に問題はないか
⑨営業基盤:圧倒的に存在するか、その威力はどのぐらいか、経営戦略と戦闘力が一緒に機動しているか
⑩シェア:状況を確認するための競合分析資料は偏りなく用意されているか
⑪競争力・機動力は、他社と違う差別化するものをもっているか

以上、ざっと簡潔に思考ポイント、判断基準の考え方を列記しましたが、自社独自の
経営方針による、さらに掘り下げたコンテンツや内規でもって確認してみることを
お勧めします。必ず、新しい発見があり、「時」はそこに留まらず、諸行は無常で
あることを再認識するでしょう。
そう、次世代は正に“イノベーション”なのです!

 

定性要因

 

                ※図は「定性要因」の4象限カスタマイズ法の一部です