飛鳥人の伝承は人から人へ!企業も同じ!

伊勢神宮の遷宮(20年に一度、内宮本殿を真新しいものにすっかり建て替え、ご祭神が引っ越す儀式)は、独自な建築様式を一分の違いなく後世に伝えるためには、当然その遷宮のやり方を受け継ぐ人を継続的に育てなければなりません。

なおかつ、現実の遷宮に従事した経験の持ち主が次の遷宮のリーダーシップを執ることも不可避的となってきます。

当時の寿命からすれば、20代に遷宮を経験した人は、次回には40代として、後進を育成し見守ることができるという仕組みです。

コラム使用図⑬

ところが、諸外国の建築の基本的発想法は、頑丈な石や岩を多用して後世に残そうというものでしたが、ピラミッドであれ、パルテノン神殿であれ、

いずれも崩れ落ち、その技術にも多くの謎が秘められており、現代技術での完全なる再生は不可能だそうです。

この違いは明らかで、海外の古代国家が、物(ハード)だけを残そうとしたのに対し、

古代日本人は、知恵や技術(ソフト)をそのまま、伝承せんとする独創的な精神に支えられた建築であり、儀式であったと言えるのです。

飛鳥人は、文化を単に塩漬けにして残そうといった手法ではなく、“人から人へと伝えてゆく知恵や方法を重視する”回帰現象、

まさに“温故知新”の文化の特性こそ、伊勢神宮に流れる精神!

お分かりのとおり、我が日本人を誇りに思う瞬間ですね、日本文化の精神伝承そして教育の素晴らしさです。

同じように、会社経営もこのような良い仕組みやノウハウを、今の会社組織・風土の「伝承」をテーマにして、いまから、事業計画に盛り込んでみてはいかがですか。

何をどうするのか!どうやってやるのか!仕組みづくりと改善はお任せください!