中小企業にも「経営企画室」を入れて、0%ミスリード経営を行い、全員が成長し、人が集まってくる楽しい会社、新しい会社を一緒にじっくりとつくって行きませんか!

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 昨年から赤字で思うように利益が出せなくなってきた
  • 人の出入りが激しく社内の風通しが悪くなっている感じで心配だ
  • 正直、今の会社が見えない、今後の先が読めない
  • 実は数字が苦手で、じっくり将来のことを考えたいが勉強する時間がない
  • 参謀役と一緒に経営計画を立て直したい

おまかせください!当社がすべてその課題を解決していきます!

「経営企画室」導入戦略支援コンサルティングは、課題となっている業務の棚卸しから始め、業務の合理化・統合的可視化と仕組化により改善を進めていく、長期の顧問型コンサルティングです。

会社組織上に「経営企画室」を設置して、そこに「顧問」として在職するイメージです。その後、社長をはじめ幹部の方と一緒に取り組んで行きます。

主な取り組みは下記のとおりです。(*会社の状況により変動します)

「経営企画室」導入支援コンサルティングの特徴

  • 長期経営計画完成を策定すべき課題(経営資源など)を分析・調査
  • ノウハウや仕組み・仕掛け術で会社の状態に合わせてカスタマイズプランの提示
  • 財務・会計情報を戦略に役立てるためのあらゆるデーターを数値化
  • 財務会計上の先読みを養成して、競争に勝つための打ち手、改善策を講じる
  • 自社のコア事業を徹底分析
  • 本業に集中して利益効率を最大限に上げていくためのシナリオづくり
  • 事業計画の課題事項等をプロジェクトに落とし込み
  • 新事業への視野も取り入れながら組織・人事改革を進める
  • 業績管理法である当社オリジナルの計画モニタリングを実施

など

img_compas

これらの特徴の中でも、特に会社の経営が進むべき『長い航海の航路、そしてそのゴールに到達するための“羅針盤”』を用いるべく経営者が知っておくべき基本的な「会計知識」の習得が重要になってきます。

目まぐるしく変わる今日の経営環境下では、肝心な商機タイミングなど俊敏な意思決定によるスピード経営が求められます。この意思決定は、まさに「会計力」がものをいいます。

よって、ここを心得ていただき、会社の決算を毎期成績とした、その目標数値はどのように捻出、算出できるかという究極な論点についてサポートしていきます。

img_zaimu_zentaizu

ゴール

「経営企画室」という機能を会社に定着・習慣化させ、自立して経営戦略ができるようになるまでご支援します」

「経営企画室」導入で成果でているお客様の声

支援顧問料(月額)

月次訪問型
長期
4.5万円*
訪問回数 月2回
短期顧問型
10ヶ月コース
15万円
訪問回数 月5回
短期顧問型
5ヶ月コース
32万円
訪問回数 月8回

*年払いは49.5万円~
※事業規模、課題内容、訪問頻度等の状況に応じて事前に決めたいと思います
※旅費交通費は実費精算

お申し込みまでの流れ

STEP1

会社の問題点・課題を抽出するためのヒアリング及び診断

※事業理念ビジョン・業界背景・業績及び財務内容・組織、社風診断等の概要について

STEP2

「経営企画室」としての具体的な解決策のための打ち合わせ

※1年間の主な経営戦略の事例

STEP3

年間のコンサルティングの見積もりとスケジューリング(ゴール:収益構造改善等の成果目標含む)の合意確認

STEP4

コンサルティング契約と申込金の入金(初回または年払い額)